本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.0742-27-1887

〒630-8202 奈良市川上町875番地の1

万葉福祉会とは


団体概要

名称
社会福祉法人 万葉福祉会
設立
昭和61(1986)年5月10日
代表者
理事長 川口 正志
電話
0742-27-1887
FAX
0742-27-1354
URL

社会福祉法人 万葉福祉会について

社会福祉法人万葉福祉会は、迫り来る少子・高齢化社会を自分達の力で何とか解決したいと願う多くの地域有志の熱い思いから、多くの方々からの拠出を得て、昭和61(1986)年5月に特別養護老人ホーム万葉苑を開設しました。
 以来、施設の複合化に取り組み、特養及びショートステイの増床に加え、デイサービス、ホームヘルプサービス、そして平成5年からはケアハウス等介護に関する地域福祉を総合的に提供できる体勢を整え、職員120名が力を併せ今日まで多くの皆様のご支援を得て地域と共に歩んでまいりました。

社会福祉法人 万葉福祉会 理念

我が法人は、信用を第一として利用者並びに家族等から喜ばれる良い処遇、良い介(看)護サービスを提供し、事業の発展を通して地域福祉の向上に寄与する。

社会福祉法人 万葉福祉会 基本方針

  • 1. 個人を尊重した安心・安全なサービスを提供します。
  • 2. 笑顔と真心をもって接します。
  • 3. 挨拶と気配りを大切に、コミュニケーションを図ります。
  • 4. 常に専門知識・技術の向上に努め、質の高いサービスを目指します。
  • 5. 地域との連携を図り、喜ばれる福祉サービスに努めます。

シンボルマーク

院長写真

社会福祉法人 万葉福祉会のシンボルマークは、MANYOUの頭文字Mをモチーフとし、入居者・利用者と職員が手を携え、共に認め共に生き、それぞれが主体的に安心・快適に暮らせる社会の実現にむけて力強くあゆみ地域福祉の向上に寄与する法人の理念を表しています。
また、万葉集のふるさと佐保川の岸辺に開設した万葉福祉会を青丹よし奈良をイメージして、入居者・利用者を明るく元気な丹で、職員の真心・誠実・奉仕の心を緑で表現しました。

社会福祉法人 万葉福祉会の歴史

昭和60年 9月20日   万葉福祉会法人認可

昭和61年 5月10日   奈良市川上町に設立認可を受け、特別養護老人ホーム万葉苑:定員50名
           ショートステイ2名開設

平成元年 1月 9日    認知症老人デイサービスセンター宅老ホーム「まほろば」開設

平成 2年 4月 18日   巡回訪問入浴サービス開始

平成 4年 6月 4日    鼓阪地区社会福祉協議会の委託により食事サービス開始

平成 4年 7月 1日    ホームヘルプサービス開始

平成 4年10月 9日   宅老ホーム「まほろば」よりデイサービスセンターE型へ移行

平成 5年 1月 4日    在宅介護支援センター開設

平成 6年 6月 1日    特養定員50名を73名、ショートステイ2名を14名に変更

平成 7年 1月17日   ケアハウス万葉50名開設

平成 7年 1月17日   デイサービスセンターB型開設

平成 8年 4月 1日    デイサービスセンターB型よりA型へ移行

平成11年10月1日   介護保険総合相談センター(居宅介護支援事業)開設

平成12年 4月 1日   鼓阪地区社会福祉協議会の食事サービスを奈良市委託事業に移行

平成12年 7月 1日   大宮デイサービスセンター開設

平成18年 4月 1日   在宅介護支援センター休止(法改正にともない)

平成20年 2月 1日   「まほろば」デイサービスセンター(定員10名)休止

平成21年 3月25日   「奈良県社員・シャイン職場づくり推進企業」奈良県知事表彰

平成21年10月 1日   デイサービスセンター定員45名を40名に変更

平成22年 2月12日   「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称:くるみん)取得

平成22年 4月 1日   デイサービスセンター定員40名を35名に変更

平成22年11月25日   法人「シンボルマーク」制定

平成23年11月25日   法人「基本方針」策定

平成24年 4月 1日    大宮デイサービスセンター定員35名を30名に変更

平成24年 5月 1日    「まほろば」デイサービスセンター(定員10名)廃止

平成25年 4月 1日    万葉苑訪問入浴サービス休止



社会福祉法人 万葉福祉会社会福祉法人 万葉福祉会

〒630-8202
奈良市川上町875番地の1
TEL 0742-27-1887
FAX 0742-27-1354
mail
 info-manyoen@orion.ocn.ne.jp